人材紹介会社の活用術


人材紹介会社を身勝手に誤解している中高年の人が意外にも多いです。
人材紹介会社(転職エージェント)とは?


『何社かに登録を済ませたのだが、なんの連絡もない』

『いまだにひとつも紹介してくれない!どうなってんの?』

『紹介会社をたらいまわしされるのだけど・・・。』


という、不満をもつ人です。

こういった不満をを持つ人は、登録して待つだけで、誰でも、いくらでも紹介してもらえると思っているのでしょうが、そこが大きな勘違いなのです。


そんな甘いもんやございません。

まず、人材紹介会社を利用する際にあらかじめ知っていただきたい事があります。

それは、人材紹介会社が儲かるしくみについてです。
人材紹介会社は国の許可を受けているとはいえ、営利を目的とした一般的な企業となんら変わりはないのです。

人材紹介会社が、求職希望者から利用料金を徴収することは、特別な場合をのぞき一切ありません。
では、どこから収入を得ているかというと、ズバリ、紹介先の企業から報酬を受け取ることで会社が成り立っているのです。
人材紹介会社が報酬を企業から受け取るためには、単に人材を紹介するだけでなく、紹介した方がその企業に入社する必要があります。つまり、紹介した人材が企業に採用された段階で、その人材の年収から何割という形でようやく報酬にありつける訳です。


人材紹介会社にとって、「再就職希望者」=「商品」だという事をくれぐれも忘れないでください。

紹介する人材が採用されなければ、収入にならないという事業特性から、おのずと紹介会社側も、「売れ筋」の人材から売り込みをはじめるのも無理のないことであり、「そうでない人」は自然と後回しなりますし、最悪の場合は「放置」なんてのも普通にあるのです。

人材紹介会社の担当者が中高年の人に感じるホンネの不満事項には、以下のようなものがあります。

@ 履歴書や職務経歴書の書き方が全くできていない。

久しぶりの求職活動だからか?職務経歴書を準備しないどころか、履歴書に写真すら貼らない人もいるそうです。




A 担当者が自分より若いということもあり、横柄な態度をとる人が多い。

   謙虚な気持ちが皆無で、未だに前の会社で重役だったというプライドだけはいつまでももっている。

B 情報を請求するだけで自分ではまったく調べようとはしない。

   本当に就職したいと思っているのだろうか?何様のつもりだろうか?

C 登録するだけで何もアプローチしてこないのに、紹介できるわけがない。

まずはそちらから、積極的に自分の「売り」を教えてくれなきゃ・・・

※担当者には少なくとも週に1度は電話連絡をとり、できれば人間関係を築ける位になってください。

D たらいまわしされる事について、根本的な事に気づいていない。


  普通に考えて、「売れる人」をわざわざ競合会社に紹介する訳ないでしょ?もっと自分を見直してくださいよ。



もし仮にあなたが、人材紹介会社(転職エージェント)の担当者だったら、どうしますか?
取引先企業の将来を担うであろう、その会社の大切な人材を紹介させて頂くのに、上記のような人を紹介しますか?
万一、紹介すればそれこそ、会社の信用問題です。

ではどうすればいいのか?


簡単なことです。「この人は売りやすい!」と思ってもらえればいいのです。

人材紹介会社100%活用術の肝は、

・履歴書などの書き方を自分なりに研究し、最高のものを提出する事。

・人材紹介会社に登録したら、まずは自ら担当者に積極的に自分を売り込みに行く事。

・謙虚な気持ちを持って、相手のいうことを
聞き入れる事。聞くだけではダメですよ!

・たらいまわしや、放置されている人は、もう一度、自分のアプローチの仕方や態度、考え方を反省する事。

・正社員だけにこだわらず、派遣や契約社員、嘱託社員の案件も考慮する事。

・横柄な態度はするだけ損。面接に勝ち残れるとは思われないので、放置されるだけです。

・過去の栄光は捨てるべし。とにかく素直な気持ちで、一から始める事。


決して卑屈になれ。といっているのではありません。人材紹介会社とwin.winの関係をもっていただきたいのです。
中高年の再就職にはスキルも必要ですが、マインドはより必要になります。あなたは、あなたという商品に磨きをかけて、売り込む必要があるのです。


人材紹介会社の担当者に「この人は売れる!」と思ってもらえたらこれほど心強い事はありません。
彼らは百戦錬磨の人材営業マンなのですから、あなたの再就職への道は明るいと保証されたものですし、担当者がやる気にさえなってもらえれば、多くの案件を優先的に紹介してくれるようになるでしょう。

人材紹介会社は求職者から報酬をもらっているサービスではないのですから、あなたの言いなりにはなりませんし、担当者をやる気にさせる事すらできないようだったら、たとえ会社を紹介されたとしても、本番の面接でうまくいくはずはありません。

スポンサードリンク


まとめです。

転職エージェントは、転職サイトとは違い登録後に面談に行かなければ全く意味を成しませんので、あらかじめご留意ください。

中高年の求職活動において転職エージェントの活用は必須の時代となっていますが、その活用法を間違えてしまうと何の役に立ちません。人材紹介会社をあなたが入社したい会社とみたてて、積極的にあなたを売り込む事が大切です。
人材紹介会社を100%活用する為には、まずは担当者を「やる気」にさせる事。それにつきます!がんばってください!

転職エージェントのメリット
一番のメリットは、あなたの事を客観的に評価し、アドバイスしてくれる事です。
あなたの事を主観ではなく、客観的に書かれた履歴書や職務経歴書はとても大きな武器になるのですが、独力だけではなかなか書けないものです。

その他に、前職を辞めた理由をいかにポジティブに書き、面接時でも話せることができるか?等を的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントの活用ポイント
中高年の場合は登録し、レジュメを公開しただけではなかなか紹介してもらえません。レジュメを1週間に1度は更新し、電話やメールで直接アポをとってコンサルタントに頻繁に会い良好な関係を作ってください。

そうすることで、自然と担当者と顔なじみになり、強いつながりができれば、まさにシメタものです。

きっと、あなた優先に案件を斡旋してくれる事が多くなるでしょう。

数社の転職エージェントとそんな関係が構築できれば、短期間での内定の道が必ず開けてくるはずです。

転職エージェントの選び方
転職エージェントには、多少なりとも得て不得てがありますので、それぞれの会社の得意分野を知ることからはじめてください。
エンジニアに強い会社、外資系に強い会社など、あなたのこれまでの経験やスキルと照らしあわして、自分にあった人材紹介会社を選ぶことでよりスピーディーに再就職先をみつけることができるでしょう。

人材紹介会社利用の為の費用は一切無料です。

人材紹介会社のご紹介

中高年に配慮あり。転職サイトのご紹介■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
マッチング案件を紹介してくれます。

【失敗しない転職は口コミにあり!】

キャリコネ

転職サイトとしての知名度は低いのですが口コミ
情報の豊富さで転職登録ユーザーを増やしていきたたという、いわゆる実力派の転職サイトです。

特筆すべきはその口コミが、実際に勤務する社員3700万人が投稿したものであるということです。
【給与明細も見れます!】
又、その内容は単なる月収入面だけでなく、残業代、手当、ボーナスなどを具体的にカバーした年収情報と、 働く環境やローカルルール、社内恋愛など、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。

キャリコネに登録することで、企業の評判や口コミ情報閲覧権限がもらえ、更に転職コンサルタントへの相談、求人応募、スカウトサービスを利用することができます。【完全無料】



  転職祝い金制度あり。詳細はこちら

【もし、直近年収が600万以上なら是非活用すべきです!】


リクルートのハイクラス限定転職サイト

直近年収が600万円オーバーの方は、ハイクラスの転職サービスを受けてみるべきです。
一般の転職サイトでは、「年齢制限なし」などと謳ってはいますが、実際は年齢フィルターによって能力に関係なく、機械的にはじかれているのが実情だったりします。

これでは、いくら貴方が年齢の壁を超えるキャリアや能力があったとしても、オファーを受けることはありませんし、ハイクラスな仕事ほど、一般公開されませんから、もし、あなたが直近の職歴で600万以上の年収があるのなら、一般的な転職サイトではなく、是非ハイクラスの転職サービスに挑戦してみてください。

ハイクラスの転職サービスでは、非公開の求人案件を中心に扱っていますので、あなたの経歴を実際に見たヘッドハンターが、スカウトであなたのキャリアを十分生かすことの出来る企業を紹介してもらうことが可能なのです。決して、機械的にはじかれる事はありません。

又、

このサービスでは、一般の転職サイトとは違い、レジュメは全て匿名で公開先もヘッドハンターに限られるため、登録した情報が企業の採用担当者に見られることはありません。


もちろん、

サービスは完全無料!です。





MIIDAS

「今の自分と同じようなキャリア、年齢の人は、どんな会社に転職しているのだろうか?」そんなこと、気になったことがあると思います。

「他人のキャリアのビフォー・アフター」を自分でる方法はなかなかありませんでしたが、MIIDASでは7万人の転職実績データを公開し、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのかを知ることができます。自分の市場価値を客観的に判断してくれた上で、マッチした求人案件を紹介してくれます(無料)

例)男性53歳 大阪在住 最終学歴:大学 転職回数5回で検索したところ、

フィット求人数:65件
フィット年収:607万円

その後、直近の勤務先などやポスト、キャリアなどを簡単に選択した後、資格を選んだところ、


フィット求人数:75件
フィット年収:591万円(少し下がりました)
最終的なマッチングがなされます。

他に、

求人会社を年収別の件数も提示されます。
会社の詳細を見るのはメールアドレスの登録もしくはSNSの接続のみでOKです。

レジュメ登録は求人内容を確認してからでも構いません。

登録後に企業から来るオファーは全て書類選考合格済み(面接確約)のみなので、無駄がなく合理的です。



【要チェック】

【リクルートエージェント】

【リクルートエージェントのメリット】

1.強みを発見
キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。

2.非公開求人の紹介
転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。

3.企業へのアピール
職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。

2009、2010、2011年度版 人材紹介サービス会社顧客満足度(CS)ランキング 総合1位
(オリコン調べ)



 【リクルートエージェント】

  


JACリクルートメント

求人企業との強固な信頼関係により、他では見ることのできない求人案件が多い。
各業界や職種に特化した総勢300名のコンサルタントが所属しており、その一人ひとりが高い専門性を備えた転職のプロフェッショナルである。

スキルや実戦経験に自信がある方には是非登録していただきたい。それだけの価値は十分ある。





  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ここからは『転職サイト』のご紹介です。

中高年を差別しない充実のオファーシステム】

リクナビNEXT

オファーが他社に比べ大きく充実しているのが特徴だ。
当サイトに、ご感想をお寄せいただいた方からの情報によると、40代以上でもある程度のスキルがあればコンスタントにオファーが入るとの事。
この業界では老舗中の老舗なので、登録会員数が多く、人事担当者が優先的にレジュメチェックをしているからかも知れない。

あと、オファーが多いということは、『ミスマッチ』がなくなり、貴方の大切な労力を無駄に消費することが減るのです。

会員登録したら、できるだけ早く「レジュメ」登録をしておこう。
※会員登録だけではオファーが届きません。



 

つづきを読む⇒ 40.50代の求人情報

このサイトの管理人による公式ブログです。
こちらもご覧ください⇒  ⇒ 中高年の転職【公式ブログ】


スポンサードリンク