履歴書の学歴・職歴


履歴書の左半分中段から下段にかけて学歴と職歴書き込む欄です。
特に担当者は職歴の部分の転職回数と退職理由を慎重にチェックする傾向があります。
スポンサードリンク




学歴

学歴に関して、小学校は省略しても問題はありません。

中学校の卒業年度から始めるといいでしょう。高校からは入学年度と卒業年度を書き込むようにし、大学は学部までではなく学科までしっかりと記入します。もし、卒論やクラブ活動での実績などがあれば、自己アピールになるので、詳細に書き込みましょう。



職歴

学歴から職歴の行間は必ず、1行空けて、見やすくなるように心がけてください。

アルバイトは職歴にはなりません。派遣社員の場合は、派遣斡旋会社名と派遣先の会社を書き込みます。
あと、会社名の「株式会社」「有限会社」を(株)(有)などと略さない事。

転職の多い人は、ちょっと職歴を省略したくなる気持ちなるでしょうけど(笑)、絶対に隠すようなことをしてはいけませんよ。たとえ、1ヶ月しか勤めていなくても、職歴は職歴です。後でバレて、採用取消しや中途解雇になる人もいますので、決してうそを書くことのないように。自分が選んで歩いてきた道です。自信をもって書けばいいんです!

私(管理人)の場合は5回も転職していたので、かなり苦労しましたが、転職回数が多い事を逆にメリットとし、各会社であげてきた実績を簡単に書き込むようにし、詳細は職務経歴書をみてもらえるように工夫しました。

とにかく、スペースの限りできるだけ詳細に書くのがポイントです。

【失敗しない転職は口コミにあり!】

キャリコネ

転職サイトとしての知名度は低いのですが口コミ情報の豊富さで転職登録ユーザーを増やしていきたたという、いわゆる実力派の転職サイトです。

特筆すべきはその口コミが、実際に勤務する社員3700万人が投稿したものであるということです。
【給与明細も見れます!】
又、その内容は単なる月収入面だけでなく、残業代、手当、ボーナスなどを具体的にカバーした年収情報と、 働く環境やローカルルール、社内恋愛など、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。

キャリコネに登録することで、企業の評判や口コミ情報閲覧権限がもらえ、更に転職コンサルタントへの相談、求人応募、スカウトサービスを利用することができます。【完全無料】



  転職祝い金制度あり。詳細はこちら




【中高年を差別しない充実のオファーシステム】

リクナビNEXT

オファーが他社に比べ大きく充実しているのが特徴だ。
当サイトに、ご感想をお寄せいただいた方からの情報によると、40代以上でもある程度のスキルがあればコンスタントにオファーが入るとの事。
この業界では老舗中の老舗なので、登録会員数が多く、人事担当者が優先的にレジュメチェックをしているからかも知れない。

会員登録したら、できるだけ早く「レジュメ」登録をしておこう。
※会員登録だけではオファーが届きません。



 


【アドバイスしてくれる転職サイト】

DODA(デューダ)

【イチオシの理由】

情報量は大手だけあってぴか一!非掲載情報も登録する事で閲覧する事ができます。
書類作成のアドバイスから模擬面接の実施までもが全て無料です。
ただし登録する以上は、可能な限りここで無料キャリアカウンセリングを受けていただきたい。
とりあえず登録しておいて、いいのがあったら....
なんて悠長な考えでいるならば登録するだけ無駄である。

東京を中心に札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・福岡にDODAの拠点があります。


 DODA(デユーダ)
  

スポンサードリンク