独立開業で成功する


『こんなにやりがいがあるなら、早く独立しときゃよかった!』

キャリアのある中高年の方が独立した時に、思わず漏らす一言だそうです。
もちろん、誰でも・・・。という訳ではないようですが、少なくとも長年営業職やサービス業に携わってきた方。あるいは人と接する事が好きな方は、転職や再就職だけに固執せず、独立・開業という選択肢も検討してみるべきです。

フランチャイズでの独立ならば、未経験や中高年でできる職種はいくらでもあります。基本的には100〜300万円の資金とやる気が必要ですが、妥協した転職や再就職をするくらいなら、価値ある仕事選びといえるのではないでしょうか?(中には資金ゼロで開業できる案件もあります!)

まずは、あなたに独立開業の適正があるかどうか?を調べてみましょう!
下記の方法は、中高年がFCで独立開業で成功するためにやるべき項目のほんの一部ですが、どれも重要な事ばかりです。

下記項目を積極的にできると思う方は、あなたにはある程度、独立開業の適正があると考えても良いと思います。




メリット・デメリットを知る

まずは、中高年ではじめる独立開業のメリットとデメリットを認識しておいてください。

メリット
@仕事ができる(やる気があれば、定年後も仕事ができる)
A自分のペースで仕事ができる
B新しい目標や夢がもてる
C夫婦仲が良くなる
D健康であれば、年金にたよらなくても生活できる

デメリット
@失敗したら、生活設計が大きく狂う
A老後がゆっくり楽しめない
B忙しくなると無理をしがちで、体をこわしやすい



悪い評判が多いFCを選ばない

FCの良い評判というのは、なかなか広がりません。なぜなら、FCで開業して成功しているオーナーが、わざわざ良い評判を出してライバルを増やすようなことをしないからです。

逆に、FC会社に対して不満がある場合、悪い評判がすぐに広がります。
特にネット上では早く広がりやすいので、お目当てのFCがあったら、会社名で検索してみてください。2ちゃんねるでも検索してもいいです。もし、会社名でスレッドがたっていれば、要注意です。もちろん全てを鵜呑みにしてはいけませんが、FC選びの参考にはなります。



最初はポスティングが仕事です

300万円内で独立開業できる業種のほとんどは、無店舗で自宅開業するものや、車で巡回サービス・販売するものが多いです。

ショップを持たないという事は固定費がかからないというメリットがある反面、あなたの開業を知ってもらえるようになるには、時間と費用がそれなりにかかるというデメリットがあります。

タウンページ(電話帳)にすぐ申し込んだとしても、掲載は翌年からになるので、おのずとメインとなる広告手段はチラシとなります。チラシの配布手段には、新聞折込や、ポスティング・手配りのなどがありますが、中でも反響が多いのは、ポスティングチラシです。

その理由は、新聞折込のチラシが多くのチラシの中の1枚であるのに対して、ポスティングの場合は、配布対象者、直に手にとってもらえるチラシになるからです。

しかし、ポスティングを業者に頼む場合は、新聞折込(1枚3円位)より割高(1枚7円〜15円位)になります。開業してしばらくは時間もあるでしょうから「自分の仕事はポスティングする事だ!」と考えて自分でポスティングするようにしてください。

ではここで、中高年で自宅開業されたお二人のケースをご紹介しましょう。

AさんとBさんは、共にやる気のある50代で同じFC(オフィス清掃)で自宅開業されました。
お二人とも飛び込み営業が苦手だったため、チラシでのポスティングで告知活動をおこなっていたのですが・・・。

Aさんは、毎朝4時に起床してから8時までの4時間。毎日300枚(事業所・ショップのみに配布)をノルマに6ヶ月間ポスティングを続けたそうです。

Bさんは、少しパターンが違いました。毎朝4時に起床するのは同じなのですが、Bさんの場合は毎日10時までコンビニでアルバイトをした後に、ポスティングをしていたのですが、コンビニでの仕事で疲れることもあり、だんだんと週に2日くらいしか撒けないようになってしまったそうです。

さて、このお二人の1年後どうなったでしょうか?

Bさんは、コンビニのバイトで毎月数万円の収入があるものの、本業でのお客さんからの反響が少なく、残念ながら1年たらずで廃業。いまだにコンビニで働らいているそうです。

Aさんはポスティングをはじめて3ヶ月くらいから、お客さんがつきだし、6ヶ月くらいには何とか生活できるレベルにまでなったそうです。しかし、そうなると体力的にもポスティングと仕事の両立が厳しくなってきた為、ポスティングを休止せざるおえなくなりました。

しかし、この状況をあらかじめ予期していたAさんは、ポスティング3ヶ月くらいで、次の項でご紹介する事をある業者に依頼していた為、その頃にはポスティングしなくても毎日数件の新規問合せがあるようになっていたのです。このおかげで開業から1年を経過した今、新規とリピート客だけで、とても忙しい日々をすごされています。

開業を決めたなら、最低1年間。本業だけに集中し、ご自身での告知活動に力を入れるべきです。



ホームページは必ず開設する

上記で、ご紹介したAさんが、開業3ヵ月後に着手したのは、ホームページの開設です。
今まで、ホームページを作ってきた方ならば、ご自分で作られるといいと思いますが、そうでないのならば、WEB業者に依頼した方が無難で早くできます。

ホームページはチラシのように反響がすぐに見込めないという欠点があります。
その理由は、YAHOOやグーグルで検索できるようになるまでに開設後約1ヶ月程度かかり、更にねらったキーワードで上位で検索されるようになるには、最低3ヶ月以上かかるからです。

例えば埼玉県で無店舗形式のビル専門の清掃会社を開業し、屋号は「山田清掃」としましょう。この場合、「埼玉県 山田清掃」だと、1ヶ月くらいで検索できるようになりますが、普通、見知らぬ人が埼玉県の清掃業者を探す場合、「山田清掃」では検索してもらえません。

「さいたま ビル清掃」とか「埼玉 ビル清掃」などが検索ワードになるでしょうから、このワードでYAHOOやグーグルで検索された時に1ページ目の5番手くらいに貴方のホームページが並ぶ必要があるのです。

ホームページが順調に運営できるようになれば、チラシや電話帳などのアナログな広告の頻度が間違いなく減りますし、新規客はホームページだけで獲得している個人事業主はいっぱいいます。

開業したら、即ホームページを開設する事が、独立成功へのキーポイントとなります。



最後はリピートがとれるかで決まる

どんな商売でもそうですが、事業の成功・不成功の鍵は、結局どれくらいのお客様にリピートしてもらえるか?につきます。
お客様からリピートしていただけるという事は、すなわち、あなたの仕事を気に入ってもらっている証拠なのです。そんなお客様をどんどん増やしていきましょう!

中には、コスト重視に走るお客様もいますから、リピートいただけない事もあるかも知れませんが、そんなお客様は結局長続きしませんから、値下げ対応はしなくても良いと思います。


つづきを読む⇒ 独立開業についての記事特集


このサイトの管理人による公式ブログです。
こちらもご覧ください⇒  ⇒ 中高年の転職【公式ブログ】

あなたにピッタリなFCを探して、資料請求しましょう!


アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。







フランチャイズ比較ネット
現在、120社以上の加盟。
フランチャイズ成功の秘訣や契約におけるトラブル情報も公開されており、本音のフランチャイズ比較サイトです。


 
飲食開業Navi
飲食関係の開業案件に特化したサイトです。

FCパートナー選びから、物件探し、業界の専門家のマッチングや人材募集などトータルでサポートしてくれます。





スポンサードリンク