勝負できる面接!退職・転職理由


「退職・転職理由」の答え方
さて、いよいよこのページからは、具体的な質問項目への対策となります。

最初はやはりこの究極の質問である「退職・転職理由」の答え方からいってみましょう!

転職面接において『前職をやめた理由』という質問は「不可避」です。

しかもわりと早めに出される質問ですので、その後に続くべき、あなたの実績の話や仕事の話を生かすも殺すも、この回答次第にかかっていると断言しても過言ではありません。

早速、対策を公開したいと思いますが、下記対策は34歳位までの対策となりますので、
もし、貴方が35歳以上であるならば、⇒ 中高年で転職出来る人とは 
こちらの対策サイトもあわせて読み進めていただければより、万全となると思います。

お待たせしました。

では、この質問にどう回答するか?

貴方はなぜ?前職を辞めたのですか?

面接官がこの質問をする理由は、貴方が前向きであるか否か?というのが一般的ですが、ホンネはこの質問に対して、貴方がどれくらい説得できる材料をもっているか?という事です。

貴方が意欲的に答える事で、言いづらい理由もアピールポイントに変えることができます。

・評価の不満
・人間関係の不満
・待遇面の不満
・会社の不満
・経営状況の不満
・リストラ・会社都合

ばか正直に、これらのような理由をまんまに貴方が答えたら、まちがいなく不合格です。
面接担当者も人の子です。倒産や親の病気など。リストラや会社都合等、しかるべき理由がない限りは、多かれ、少なかれこれらの理由が裏側にあることは判っているはずです。

したがって、答えるときには、不満があろうとなかろうと、「・・・・がやりたいから」「・・・・という実績を出したいから」ということを必ず折り込みましょう。



⇒ 受かるための書類の書き方をプロが伝授

例えば、

「退職の理由には、一般的に労働者が感じる不満要素が全く無いと言ってしまえば、嘘になりますが、正直に申し上げまして、そんな事よりもわたくしは、自身のスキルを活かせる基盤で・・・・の実績を出したいと常々考えております。そのために・・・・の分野で全国に勢力を伸ばされている御社のような会社で・・・・」
といったように、自分なりの目的を持っていることを前面に押し出すようにしましょう

ただし、

同情に値する退職理由がある場合は別です。
こういった場合はむしろ、ストレートに伝えた方が有利になる場合が多いからです。やむ負えない理由に値するかどうか?の判断は、客観的に判断し、できれば友人や知り合いなどにも相談すべきです。
転職エージェントを利用するのもいいでしょう。

スポンサードリンク


転職回数が3回以上あるような人は、ホンネの部分もかなり探られることになるはずです。
ですから、それなりの戦術や対策をたてる必要もあります。具体的には不満要素に対して、それなりの理由が備わっているか?という事です。例えば、待遇面の不満であるならば、それなりの貴方の実績やスキルなどを数値で示す必要があります。

以下は各不満点を面接官に前向きに伝える為の回答例です。参考にしてみてください。

 評価の不満
 「今の会社は私を評価してくれない・・・。」等と剛速球で答えてはいけません。
被害者的な姿勢や言動をせず前向きな転職である事を強調する事。

例:「残念ながらわたくしと会社の考え方にギャップを感じるようになり、わたくしに与えられた貴重な時間を更にやりがいのある会社で結果を出す事にかけたいと思い、転職を決意いたしました。」

 人間関係の不満  
考え方の違うのは、しょうがない事と捉えていることを前置きし、ではどのように前向きに対処したいのかをアピールする事。

例:「組織は人の集まりですから、それぞれの考え方が違うのはやむおえない事です。上司と仕事の進め方等について、じっくり話し合い、正直に向かいあえた事で私の仕事に対するあるべき姿がわかりました。その為にもっと、自身の力を活かせる環境で働かせて頂きたいと考え、転職を決意した次第です。」

 待遇面の不満  
あくまでも、結果を出す事で処遇に反映させたいという意思を前面に出す事。

例:「結果は出せていたのですが、処遇には反映されませんでした。結果を出す事で、給与に反映するという実力主義を徹底されている会社で力を発揮したいと考えたからです」

 会社の不満  
前社の良いところを必ずあげ、自己実現欲の気持ちを示す事。

例:「業界内において今の会社は順調に成長傾向ではありますが、やや安定志向が強い社風ですのでもっと刺激があり、新規分野へ挑戦できる機会が多い環境の会社で自分自身を駆り立ててみたいと考え、転職を決意しました。

 経営状況の不満  
会社が厳しい状況だから逃げだすの?
うちも厳しくなったら、やめるってことになるのでは?
といった印象を与えないように気をつける事。

「会社に浮き沈みがあるのは、当然の事だと思います。しかし、今の会社状況では私の力を発揮できる機会や場所がないのも事実です。もっと自分自身のキャリアやスキルを燃焼させて結果をだしていきたいと思い、転職を決意しました。」

 リストラ・会社都合  
被害者意識を捨て、逆転の発想をもって答える事。

「会社に私なりに、貢献して参りましたが、会社から私の担当する仕事が無くなったと伝えられました。そこで、この機会に気持ちを切り替えて、新たな出発をしたいと思い、御社への入社を希望させていただきました。」


自分自身の退職理由を客観的にみて、その理由がポジティブであるかどうかの判断する事はとても難しいです。
必ず、友人などの第三者と相談してください。

⇒ 中高年で転職出来る人とは

ブラック企業への応募は時間の無駄です!
詐欺にまでにはならなくても、まだまだブラック企業からの求人が少なくはありません。

こういった企業へ知らずに入社してしまう事はあなたやあなたの家族に大きな不安をもたらす事にもなりますし、応募することだけでも、大変な時間の無駄となります。
【面接でわかるブラック企業の4つのポイント】

1.面接で内定が出る。
2.雑談が多く、業務内容についての話がほとんどない。
3.合否までの時間が早い。もしくは遅い。
4.入社の返事を急かす。

人手不足が激しいブラック企業は「誰でもいいから採用したい」と安易な選考を行いがちです。

「内定をもらったものの、何を評価されたのか釈然としない」という場合は要注意! また内定後の返事を急かしてくる企業も「誰でもいいから早く入ってほしいのでは?」と疑ったほうがいいでしょう。

このような事態を未然に防ぐためにも、口コミを重要視している転職サイトにも登録しておきましょう。

こちらの転職サイトは、転職サイトとしての知名度は低いのですが口コミ情報の豊富さで転職登録ユーザーを増やしていきたという、いわゆる実力派の転職サイトです。

特筆すべきはその口コミが、実際に勤務する社員3700万人が投稿したものであるということです。
【給与明細も見れます!】
又、その内容は単なる月収入面だけでなく、残業代、手当、ボーナスなどを具体的にカバーした年収情報と、 働く環境やローカルルール、社内恋愛など、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。

キャリコネに登録することで、企業の評判や口コミ情報閲覧権限がもらえ、更に転職コンサルタントへの相談、求人応募、スカウトサービスを利用することができます。【完全無料】
キャリコネには転職祝い金制度があります。詳細はこちら



【充実のオファーシステム】

リクナビNEXT

オファーが他社に比べ大きく充実しているのが特徴だ。
当サイトに、ご感想をお寄せいただいた方からの情報によると、40代以上でもある程度のスキルがあればコンスタントにオファーが入るとの事。
この業界では老舗中の老舗なので、登録会員数が多く、人事担当者が優先的にレジュメチェックをしているからかも知れない。

あと、オファーが多いということは、『ミスマッチ』がなくなり、貴方の大切な労力を無駄に消費することが減るのです。

会員登録したら、できるだけ早く「レジュメ」登録をしておこう。
※会員登録だけではオファーが届きません。



 


客観的にアドバイスしてくれる転職サービスが以下に紹介する転職エージェントです。希望する会社の方針が貴方にあうのか、あわないなどの情報も持っていますので積極的に利用しましょう。


【リクルートエージェント】

【リクルートエージェントのメリット】

1.強みを発見
キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。

2.非公開求人の紹介
転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。

3.企業へのアピール
職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。

2009、2010、2011年度版 人材紹介サービス会社顧客満足度(CS)ランキング 総合1位
(オリコン調べ)



 【リクルートエージェント】

  



ビズリーチ

【ビズリーチのメリット】

ハードルが少々高くなりますが、管理職としてのキャリアを積んできた40代以上の転職希望者には是非とも挑戦していただきたい転職エージェントです。

特筆すべきは会員5万人以上の職務経歴書を分析し、アメリカのレジュメライティング技法を取り入れて開発されたスカウト数を2倍以上にする職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」を採用している事。

職務経歴を作成するために必要な項目を網羅しており、6つの項目に回答するだけで、洗練された職務経歴書を完成させることができます。既に職務経歴書をお持ちの方でも、レジュメビルダーを使えば、より洗練された職務経歴書に作り変えることができます。

このレジュメビルダーを使用する為だけでも登録する価値は十分あると思います




 ビズリーチ

  


ここからは転職サイトになります。
------------------------------------------------------------
転職サイトと転職エージェントの違いは?
簡単に言うと、転職サイトは、ほぼ独力でで就職活動をするのに対し、転職エージェントは独力+転職アドバイザーのアドバイスを受けながら就職活動をしていくことになります。
------------------------------------------------------------

【書類作成から模擬面接まで無料アドバイス!】

DODA(デューダ)

【イチオシの理由】

情報量は大手だけあってぴか一!非掲載情報も登録する事で閲覧する事ができます。
書類作成のアドバイスから模擬面接の実施までもが全て無料です。
ただし登録する以上は、可能な限りここで無料キャリアカウンセリングを受けていただきたい。
とりあえず登録しておいて、いいのがあったら....
なんて悠長な考えでいるならば登録するだけ無駄である。

東京を中心に札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・福岡にDODAの拠点があります。


 DODA(デユーダ)
  


はたらいく

【応募前にアピールできる】
こちらも、企業検索率・オファー率が高い転職サイトです。

その理由は、『らいくレジュメ』にあります。

らいくレジュメとは、はたらいく独特のレジュメシステムで、あなたの仕事へのスタンスや頑張っていることなどのエピソードを記入することで、採用担当者に、あなたの"ひとがら"をアピールする事ができ、応募前なのに貴方の事をアピールすることが出来るという、新しいタイプのレジュメです。

例えば、あなたが「ちょっといいなぁ」と思った会社の案件に、応募ではなく「らいく!」を送ってみる事で、あなたからの「らいく」を受け取った採用担当者があなたの「らいくレジュメ」を見てくれやすくなりますし、その会社からオファーが来る可能性も十分にあるのです。

このシステムは求職のミスマッチを防ぐ意味でも大きな役割をもっていますので、一度試してみることをお勧めします。



 はたらいく

スポンサードリンク