勝負できる面接!年齢別アピールポイント


ひと口に面接対策といっても、貴方の年齢層によってその対策方法をかえる必要があります。
それは、採用する会社側が年齢別に求める人材像が異なるからです。そのニーズにこたえるためにも、貴方の年齢にあったアピールをしていかなくてはなりません。

もし、そのポイントがずれていると、折角ライバルに負けないくらいの、実力があっても採用されにくくなってしまいます。
まずは自分の年齢層にあったアピールポイントを知りましょう。

他の応募者に差をつけるためにも、自身の自己アピールチラシを制作して書類に添付しておいたり、面接時にすべての面接官に配布するのも良い方法です。しかも家庭のプリンターで刷る安易なものでは無く、本格的なチラシを作って提出すれば、相手も「ここまでするかぁ!」と感じると共に強烈に貴方自身をアピールすることが十分可能です。

スポンサードリンク


20代
がむしゃらに将来性を売り込め!

意欲と熱意だけである程度の積極アピールが出来る唯一の年齢層です。
20代は意欲と体力のピーク時なのですから、とにかく元気で明るい人が歓迎されます。

30代
即戦力を売り込め!

行動力があり、成果(即戦力)がすぐに出せる人材が求められている年齢層です。
特に●●の分野で専門家としての見識が求められますので、貴方のあらゆるスキルを日頃から整理しておき、いつでもアウトプット感覚でアピールできるくらいになっておきましょう。

会社が歓迎する即戦力は、前職と同レベルの仕事をすることではなく、貴方のもつノウハウを活かし、成果を生み出すことが求められます。

そして、更に自分のアイデアや企画を提案していく力も求められます。常に問題意識があり、独自性がある人が歓迎されます。

 40代以上  
職人としての能力を売り込め!

仕事の職人(スペシャリスト)としてのキャリアが求められる年齢層です。
はなから即戦力として見込まれて採用されるわけですから、30代の人と比べて、そのハードルは上ります。採用する会社が40代以上の人材に求める事は、年齢を積み重ねることで養ってきた「職人力」です。

具体的には「交渉力」「指導力」「人間関係力」等がそうです。
新しい組織で、周囲の人と協調しながら成果を出せる人が歓迎されます。


スポンサードリンク