勝負できる面接!意地悪質問


「意地悪質問」の答え方
なぜ、面接官が意地悪な質問をするのか?という理由を考えれば、答え方の糸口がみえてきます。
意地悪な質問は、貴方の採用を本気で考えているという気持ちの表れと捉えてください。

意地悪な質問=キラーパスです。

面接官から出された、キラーパスをいかに貴方が上手に処理をし、シュートまでもちこめるか?
そのためには、貴方が面接の事前に質問の意図や答え方のポイントを学んでおく必要があります。
以下は、意地悪質問の意図と実例を説明していますので、自分の言葉にアレンジして、練習してみてください。

意地悪質問が出されるという事は、貴方の面接合格はもぅ、目の前ですよ!がんばってください。

スポンサードリンク


否定的な質問
(クールに答える)

質問の意図

決して、貴方の反論や同意を期待しているのではありません。貴方の反応を観察するのが主たる目的です。絶対に熱くなったりせず、冷静に答えるようにする事。

実例

転職を考えるよりも、今の会社に留まった方がいいのでは?

そのような選択肢も含めて私なりに十分熟考してから、御社の門を叩かせて頂きました。今は今後の人生を新しい環境で更に燃焼させていきたい気持ちでいっぱいです。


うちよりももっと、貴方にふさわしい会社があるのではないですか?


私は、御社の・・・・・・・・・・の理念に深く共感しております。
私にも働く機会を頂けましたら、その理念を胆に命じ、御社で仕事をさせて頂きたいと考えております。


貴方が考える・・・・・・へのニーズはもうないのではないのでは?


確かに。現状のままでは・・・・・へのニーズはこれ以上伸びないかも知れませんが、・・・・・に*****の付加価値をつける事で、・・・・・がマーケットを伸ばしていける要因になると考えています。
 
嫌味な質問
(真正面から答えるな)
 
質問の意図
応募者の本音を聞きだす為の質問です。
これらの質問は、不意をつくようなタイミングで出される場合が多いですから、応募者が無防備になりやすく、ついつい本音で答えやすくなるからです。

こういう質問に真正面(「そんな事はありません!」と感情的に答えてしまう等。)から答えてしまうと、面接官の術中にはまってしまうので十分注意する事。

実例

貴方の持つ資格は、既に陳腐化してしまっているように思いますが?


確かに、そのような意見も聞いておりますが、しかし、この資格の良いところは、様々な分野で応用が利くという点です。ですから、そういった利点をうまく引き出すことによってまだまだこの資格の利用価値は高いと考えています。


議論に導く質問
(議論するな!)

質問の意図

議論させる事で、貴方を追い詰める事で様々な能力を見極めるための質問です。
しかし、みすみす相手の術中にはまってしまうのは非常に危険です。
ここは、議論に乗らず、貴方の意見をきっぱり示してしまう事。

実例


なぜ、わざわざ成熟産業を選んだのですか?


成熟産業という認識はありませんでした。
社会的に絶対必要な産業でありますし、独自性を持たせる事で、まだまだ成長していけると考えています。


うちも、いずれ今の貴方の会社のようになるかも知れませんよ?


いつも、順風満帆という企業は無いと考えています。
どんな優良企業であっても何もしなければ、いずれ成長が鈍化するものです。しかし、大切な事はその事を長期計画なりで予想して今から体質強化していけば良いと考えます。


あと・・・。これはイジワル質問の類ではありませんが、案外聞かれやすいことなのにうっかりしていて答えられない質問があります。

それは、日経平均株価と為替についてです。
日本で働くビジネスマンにとって答えられて当然の質問であり、万一答えられなければ、貴方にとって致命傷ともなりうる超やっかいな質問ですので必ず答えられるようにしておいてください。

面接の1番最後に軽く聞かれる事が多いです。決して油断なきように。

【失敗しない転職は口コミにあり!】

キャリコネ

転職サイトとしての知名度は低いのですが口コミ情報の豊富さで転職登録ユーザーを増やしていきたたという、いわゆる実力派の転職サイトです。

特筆すべきはその口コミが、実際に勤務する社員3700万人が投稿したものであるということです。
【給与明細も見れます!】
又、その内容は単なる月収入面だけでなく、残業代、手当、ボーナスなどを具体的にカバーした年収情報と、 働く環境やローカルルール、社内恋愛など、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。

キャリコネに登録することで、企業の評判や口コミ情報閲覧権限がもらえ、更に転職コンサルタントへの相談、求人応募、スカウトサービスを利用することができます。【完全無料】



  転職祝い金制度あり。詳細はこちら




【充実のオファーシステム】

リクナビNEXT

オファーが他社に比べ大きく充実しているのが特徴だ。
当サイトに、ご感想をお寄せいただいた方からの情報によると、40代以上でもある程度のスキルがあればコンスタントにオファーが入るとの事。
この業界では老舗中の老舗なので、登録会員数が多く、人事担当者が優先的にレジュメチェックをしているからかも知れない。

会員登録したら、できるだけ早く「レジュメ」登録をしておこう。
※会員登録だけではオファーが届きません。



 


【無料アドバイスしてくれる転職サイト】

DODA(デューダ)

【イチオシの理由】

情報量は大手だけあってぴか一!非掲載情報も登録する事で閲覧する事ができます。
書類作成のアドバイスから模擬面接の実施までもが全て無料です。
ただし登録する以上は、可能な限りここで無料キャリアカウンセリングを受けていただきたい。
とりあえず登録しておいて、いいのがあったら....
なんて悠長な考えでいるならば登録するだけ無駄である。

東京を中心に札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・福岡にDODAの拠点があります。


 DODA(デユーダ)
  

スポンサードリンク