独立開業/必要経費について


サラリーマン時代には関係なかった「必要経費」が独立することでかなり重要な項目になってきます。
                                           
必要経費とは

事業で売上げや利益を上げる為に使用する費用の事です。

「お金を稼ぐためにかかった費用」

売上げから必要経費を引いた金額が課税対象になるので、必要経費の金額が課税対象になりますので、必要経費の金額により税金額が変動していく事になります。

私の場合、自宅の一部を事務所にしていることもあり、雨漏り対策の自宅屋根の防水加工とお客様が利用されることも考えてトイレのリフォームをしたのですが、その費用の一部を費用として計上してもいいだろうか?と税理士さんに相談したところ、少し難しいかもしれない。もし、私が税務署の人間だったら認めないと思う。という事でした。

又、聞いた裏話によりますと、自宅用に購入した家電品(エアコンやTV等)なのに経費として認められたというケースもあります。
例:商品のレビューを書いてその商品を宣伝する記事を書いたり、チラシで宣伝することが目的だから等

ですから、まず何が必要経費になり、何がならないかを把握できるようになりましょう。

あと、減価償却といって、10万円以上の設備は消耗品扱いにならず何年かに分けて費用計上しなくてはなりません。
交際費は、法人の場合は上限がありますが、個人事業主の場合は上限がありませんので、いくらでも経費にすることが可能ということです。

しかし、その交際費が経費として認められるかどうかは別の話ですからご注意ください。交際費として認められればいくらでも経費になります。



・主な必要経費

経費科目 内容 経費科目 内容
租税公課 自動車税などの税金。
所得税や住民税は含まない
給料・賃金 従業員に対する給料、賞与や現物支給した費用
接待交際費 事業用の交際費、飲食費、贈答費用など 通信費 仕事のために使った切手、葉書、電話代など
水道光熱費 事業用に使用した水道料、電気代、ガス代など 利子割引料 事業用の借入金の支払利息や受取手形の割引料
消耗品費 事業用の事務用品代やガソリン代など 広告宣伝費 広告料や折込広告などの印刷代、折込料など
旅費交通費 仕事のために使った電車・バス・タクシー、宿泊費など 地代・家賃 店舗や事務所、駐車場などの借地料や賃料など

スポンサードリンク




フランチャイズサポート
個人経営者にとってリスクの少ない独立案件を紹介してくれます。

・競合の多い大手FCには抵抗がある。
・どんなFCがあるかわからない。
・信頼と実績のあるFCを選びたい。

そういった方には特におすすめです。



アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。




 ⇒ 次へ

 ⇒ 独立開業のメニューに戻る

スポンサードリンク