独立開業/保険や年金について


サラリーマン時代には、年金は厚生年金、健康保険は健康保険組合や政府管掌の保険に加入していたはずです。
それが、独立開業となると、国民年金、国民健康保険に変更しなければなりません。
                                            国民年金というのは、20歳から60歳までのすべての人が加入する保険です。手続きは、住んでいる市区町村役場で行います。役所から通知が来る訳ではないので、年金手帳を持って自分で手続きにいかなくてはなりません。
保険料は収入に関係なく一定額です。国民年金のほかに、老齢基礎年金に上積みする国民年金基金への加入もできます。

国民健康保険に関しても、手続きは国民年金と同じ役所で行います。こちらの場合、保険料は収入などによって異なります。
尚、会社員時代に加入していた雇用保険には、事業主は加入できません。

スポンサードリンク





フランチャイズサポート
個人経営者にとってリスクの少ない独立案件を紹介してくれます。

・競合の多い大手FCには抵抗がある。
・どんなFCがあるかわからない。
・信頼と実績のあるFCを選びたい。

そういった方には特におすすめです。



アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。




 ⇒ 次へ

 ⇒ 独立開業のメニューに戻る

スポンサードリンク