独立開業/管理人の独立開業体験談


ちょっとここで寄り道といいますか、今回はこのサイトの管理人の体験談をもう少しだけ書かせていただきたいと思います。

私が独立開業したのは、2004年の5月です。当時の年齢は42歳でした。

職種は「デザイナー業」です。元手は100万円程。あとは全て借金(400万円位)です。
5年で脱退しましたがデザイナーで仕事をするためにFCにも加盟しました。FC加盟に関しては無駄ではなく、それなりに役立った事も多かったのですが、商材等をここで仕入れるよりも、地元で仕入れる方が安く、かつスキルや営業力も5年後には、こちらの方が上になってしまいましたので、ロイヤリティを支払う価値がなくなり、とっとと脱退した次第です。

せめて、そのFC会社にもう少しネームバリューがあれば良かったのですが。
メリットは開業後の6か月間だけでしたね。ロケットスタートさせてくれた事には今でも感謝しています。

私が独立した2004年頃は、バブルのどん底から若干ですが、日本経済が持ち直し出し、株価上昇し始めた時期(日経平均が1万円を超えた時期)でした。

私の場合は、自らの就職先として独立開業したわけですが、今から思い返しますと、まぁまぁ良い時期に開業できたなぁと思います。
もし、これが4年先、リーマンショックがあった2008年に開業していたとしたら、大変な目にあっていたことでしょう。
運も良かったんだと思います。

そして、

リーマンショックを何とか乗り切った後の、3年後の東日本大震災はさすがに「終わった」と思いましたが、現在まで何とかやって来れたのは全て家族のおかげだと思っています。まぁ、これからはわかりませんけどね。

結果的には独立して良かったと思っています。

そりゃ、本音を言わせていただければ、軌道にのるまでは怖かったですよ。
開業してからの2か月はポスティングすることだけが仕事になってましたからね。
朝の5時頃からポスティングし、8時頃に自宅に戻り、ポスティングしたチラシに興味をもっていただいたお客様からの電話を待つ日々の繰り返しです。

夜は不安でなかなか眠れず、酒を飲んでもあまり酔えなかったです。

幸いしたのは、ほぼ現金商売であったことと、販売単価が低かったことで、そこそこの反響があり、資金繰りが比較的、楽だったことです。

そして、

開業3か月頃からようやく仕事が増え出し、妻のパート収入を合わせると何とか食っていける程度にはなりました。
それから、約1年で軌道に乗り始め、開業5年後に借金の返済が終わりました。

1年間のポスティングはしんどい事もありましたが、ブラック企業に無理やり入社する事を考えれば、へのカッパです。

比較的、軌道に早く乗れたのは、最初の1年間で、ネット関係のスキルを身につけた事がやはり大きかったですね。大きな相乗効果を生みましたから。

これからはドンドンネットで稼げる時代が来るだろうからと、必死で勉強した事が良かったです。
サラリーマンだと会社が面倒をみてくれる部分でしょうが、独立すれば、誰も自分を育ててくれませんからね。

独立開業は、人を雇って大きくしようと思えばそれなりのパワーと財源が必要ですが、中高年夫婦がとりあえず食っていくだけの手段としての独立を考えるならば、転職するよりも敷居は低いと私は思います。ほぼノンストレスですし。

無論、リスクもありますから、簡単には踏ん切りはつかないと思いますが、少なくとも転職か?独立か?の決断は「体力」と「経済力」のあるうちにされる方がいいでしょう。

貴方のご成功をお祈りいたします。


スポンサードリンク



フランチャイズサポート
個人経営者にとってリスクの少ない独立案件を紹介してくれます。

・競合の多い大手FCには抵抗がある。
・どんなFCがあるかわからない。
・信頼と実績のあるFCを選びたい。

そういった方には特におすすめです。



アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。




 ⇒ 次へ

 ⇒ 独立開業のメニューに戻る

スポンサードリンク