独立開業/資金計画を立てる


開業準備資金と運転資金の合計額を計算するためには、半年先までの資金計画を立てる事が大切です。
シミュレーションできる売上金額と毎月必要な運転資金、開業準備金をそれぞれ書き出してみましょう。
そして、6か月分の売上予測額から6か月分の運転資金を引き、それに開業資金たした金額が、開業までに準備しなければならない金額になります。        

必要な費用を計算したら、自己資金の金額と比較してみましょう。
自己資金が多いようなら問題ないのですが、少ないようなら、開業準備金をある程度削れないか検討してみましょう。
リスクを最小限に抑えるためにも、できるだけ自己資金内で開業する事がベストです!
自己資金比率が高ければ高いほど、経営は安定します。

自己資金の比率は
最低でも50%必要です!
あまりにも資金が少ないのであれば、開業時期をずらす事も大切です。


スポンサードリンク




フランチャイズサポート
個人経営者にとってリスクの少ない独立案件を紹介してくれます。

・競合の多い大手FCには抵抗がある。
・どんなFCがあるかわからない。
・信頼と実績のあるFCを選びたい。

そういった方には特におすすめです。



アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。




 ⇒ 次へ

 ⇒ 独立開業のメニューに戻る

スポンサードリンク