独立開業/開業準備費用


起業を決心した人にとって、まずクリアしなければならないのが、開業資金の工面です。
何年も前からコツコツと貯金してきた人もいれば、私のように(就職がわりに)急に独立を思い立ったので、何の蓄えもないという人までさまざまだと思います。
                                                   
開業のために使える金額と、開業するに当たって必要と思われる金額を書き出し、自己資金で足りるのか?自己資金だけではいくらくらいたりないのかを計算し、足りない場合はどうすればいいか、最良の方法を考えていきましょう。

それでは、開業準備金としてどんな費用が必要になるのかを考えてみましょう。
業種によって、千差万別ですが、店舗や事務所を借りるならばその保証金や礼金、仲介手数料などや、改装工事の費用、設備、機械、備品などを揃える費用も必要になります。
私の場合のように、自宅で開業する場合でも、仕事用の電話の加入やパソコンなど必要な機器の費用、事務用品代、名刺や開業案内の費用などが必要です。又、法人になるなら資本金や届出費用も別途必要になってきます。

少し、余談になりますが、独立するのに事務所って必要でしょうか?
顧客からの信用面を考えれば、無いよりはあった方が良いとは思いますが、仕事の規模を大きくすることを考えていない。小規模に個人で仕事をしていく。子供は独り立ちしているので、夫婦が普通に生活できる程度を最初の目標として考えたいということであれば、自宅兼事務所の体制でも構わないように思います。

ただし、これは貴方の事業が地域密着型の場合に限ります。郊外に住んでいて、1件の取引先に行くだけで1日潰れてしまう。と、いうことであれば、事務所を借りた方がいいでしょう。

開業するためには必要なのは、準備資金だけではありません。
運転資金は絶対必要です!私が1番苦労したのが、実はこれです(苦笑)
運転資金というのは、
開業までにかかる生活費や人材募集費用、開業してからの生活費、人件費、仕入代、家賃・光熱費、ローンの返済費、宣伝広告費などです。

開業資金には必ずこの運転資金も入れて計算して下さい。
運転資金は、業種や事業の規模によって、2ヶ月分〜6ヶ月分まで開きがあります。

準備金の調達方法などについては、次の記事から順に公開していきます。


スポンサードリンク




フランチャイズサポート
個人経営者にとってリスクの少ない独立案件を紹介してくれます。

・競合の多い大手FCには抵抗がある。
・どんなFCがあるかわからない。
・信頼と実績のあるFCを選びたい。

そういった方には特におすすめです。



アントレnet
独立・開業・起業に関する情報を、カンタンに検索・資料請求ができるサイトです。
例えば「ミドルエイジ歓迎」「未経験OK」「資金0円で開業」「先輩たちの事例」などの項目で独立案件を探す事ができます。

【 雇われない生き方 】を目指したい人にぴったりです。




 ⇒ 次へ

 ⇒ 独立開業のメニューに戻る

スポンサードリンク